MENU

口臭研究所について

プロフィール画像

口臭って自分ではなかなか気がつくことが出来ずに平気でバラまいていたり、また、親しい友人が口臭を発散していて「クッサイな~」と感じてもなんとなく言えなくて困りますよね。

以前、同じ職場で口臭がひどい同僚がいました。彼が口を開けるとたちまちクサイニオイが周りに広がります。会議では離れて座って彼と距離をおいたり、やむなく直接会話しなければならない時は悪夢でした。話もそこそこに切り上げて、要点だけ伝えて直ぐに離れたりしていました。よそよそしくして申し訳なかったと今でも反省しています。

私自身も、何度も家内から「あんた口が臭いわよ。」といわれることがあって、周囲の同僚や、打ち合わせに見えるお客さんに迷惑をかてていないか、いつも不安で、手の甲をチョット舐めて臭いを確認するなどしていました。

また、乗り物に乗った時、隣に座ったお嬢さんから露骨に鼻を覆って睨まれたりしたこともありました。

またインフルエンザシーズンや花粉シーズンにマスクをしますが、マスクが臭くて、マスクをしていられないこともありました。

ある調査によると、日本人の8割は口臭や体臭が薄く、あとの2割がきついとのことでした。
また、口臭の薄い人でも、体調やタイミングで口臭がひどくなる時もあるそうです。

40年間のサラリーマン生活。とりわけ最後の10年間は過労と歯周病と歯周病由来の口臭で随分となやみました。
歯周病で前歯を6本を無くしました。

口臭をなんとかしたいと思い、歯磨き、舌磨き、マウスウォッシュ、消臭サプリ、常にガムを噛んだり等など、色々試してみました。

そして、たどりついた結論が、
1.1個のアイテムで口臭を完璧にやっつけることはできない。
2.いろんなアイテムをタイミングに応じて使い分けるしかない。
3.ガムやマウスウォッシュを常に携帯して、時に応じて使う。
でした。

口臭はあまり深刻にとらえる必要は無いと思います。
社会で人とうまく接していくためには口臭を最小限にコントロールするエチケットを心得ていればいいんじゃないかと思っています。

このサイトでは、このような考えに基いて、口臭予防の考え方と、これまでの経験から学んだ役に立つ口臭予防アイテムをお伝えしたいと思います。

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

人気記事ランキング

    Copyright© 2017 口臭がドブ臭い!?うんこ臭い?!口臭を予防する6つのポイント

    ページトップ